忍者ブログ
韓国留学のために新設しました。きっと色んなことを書くと思います。記憶の詰め合わせBOX☆
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週26歳になりました、りあです。


돌아왔지롱ㅋㅋㅋㅋㅋ
Welcome back here!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ㅋㅋㅋㅋ



久しぶりにこのブログを読み返し、
今以上に色々なことを考えていたんだなぁと思いました。
そんな私はその後信州大学を卒業し、某女子大の大学院生になり、
今、東京都内某市にあるインターナショナルスクールで日本語教師をしています。
韓国語ではありませんが、英語使って、ちゃんと目標に向かって歩んでいます。
(時々、韓国語も役に立っています)


22歳の私もきっと安心してるかな?



もういい大人になり、自分が学生だった時とはまた違う価値観を持つようになりました。
というのは、このブログを読み返していて気が付いたことなんだけど。

最近は「社会人になったけど、親には迷惑かけてばかりだなぁ」と思ったところです。
将来を考える人もできて、友だちもどんどん結婚出産をして、
真剣に自分もいつかは「親」になることを意識し始めたところです。

自分の子どもが突然「東ヨーロッパに留学する!」とか言ったらどうしようwとかね。


そう思うと、親に申し訳ないことばかりしたなぁとも思うのですが、
ビザの準備の記事を読みながら、ひとつ、思い出したことがありました。


それは、ビザの申請に父と横浜まで行ったときのことです。


7月頃だったかなぁ。
その日はとても暑くて、お天気も良くて。
韓国大使館までは港の見える丘に向かって坂を上らなきゃいけなかったんです。
二人して大汗かいて、ヒーヒー言いながら登り切って。

ゲートには厳しそうな警備員さんが立ってたんだっけな。
GHQとか、米軍基地とか、
なんかそういうものが好きな父は緊張するやら、ニヤニヤするやら。
で、手続きもちょっと手間取ったんだっけか。
その日のうちには手に入らなくて、後日父に送ってもらわなきゃいけなかったんだよね。
委任状用意したり、返信封筒の送料出したり、なんかかったるかったような。

で、手続きが終わったあと二人で港の見える丘をお散歩したんです。
ろくに実家に帰らない親不孝者だったから、父と二人でお散歩とか久しぶりで。
照れくさいような、遠くまで付き合わせて申し訳なかったような、
複雑な気持ちでした。
そんな時に、父が言った言葉です。


「お前が韓国行くなんて言わなかったら、こうやって韓国大使館なんかに入ることもなかっただろうし、ここ(港の見える丘)まで散歩しにくることもなかっただろうなぁ。」


父が私の留学をポジティブに捉えようとしてくれたんだと、すぐにわかりました。
親として、心配だったろうし、寂しかったろうし、
恐らくその時点で「なぜ韓国なのか」は納得していなかったと記憶しています。
当時は北朝鮮の情勢が悪く、ヨンピョン島の事件があった年ですから、
今でいうイスラム国のテロくらい心配だったと思います。


私は、自分の子どもに対して、こんなにおおらかでいれるでしょうか。
たとえいれない瞬間があったとしても、父の優しさをもって接したいと思っています。


こんなこと書いてたら、留学中に聞いた両親の言葉も思い出してしまいました。
涙が止まらなくなるので、書きませんが。




留学してわかることは、その後何年経っても増え続けます。
留学の経験をした上で大人になるからこそ、わかることもあると思います。
留学はその時だけの経験ではなく、自分の一生に大きく関わる一大イベントなんだ。
そんなことを思ったので、思わず戻ってきてしまいました。




では、仕事に戻ります^^
私たちの可愛い子どもたちと授業するために。
PR
今日の「近現代日本政治と外交」の授業で、
ついに韓国併合の話が出ました。


あ、心配なさらずに^^
先生は日本学科の先生なので、偏った意見を言うようなことはありませんでした。



その話の中で、私(日本人としての私、個人としての私)の考えてることについて
もう一回考え直すきっかけになったのでちょっとメモ。


まず、韓国ではもちろん、韓国併合の話を聞くと
「日本は悪だ、伊藤博文は悪だ、伊藤を暗殺した安重根は英雄だ」
と思うような教育を受けているそうです。
というか、『思わざるを得ないような教育』と言いますか。
伊藤博文や日本国について深く学ぶ前から、
朝鮮半島、韓国を何度も侵略しようとした国、というイメージがついてしまうのだそうです。
(何人かの先生が「この教育方法を変えるべきだ」と言っているのを、韓国に来てから何度も聞きました。)
伊藤博文関して、悪いイメージがあるという意見も私自身、何度も聞いてきました。

もちろん、日本がしたこと、伊藤博文が韓国統監府初代統監として働いていたことは紛れもない事実。
でも、日本の歴史を勉強し、日本の地理を勉強し、日本人について勉強をしていくと、
そのだんだん本質が見えてくるようになる、と言います。



これが経済学や英語学など、
日本の歴史とはてんで関係のない学科だったら、たぶんブーイングだったでしょうね。
日本学科の学生、あるいは日本学科を副専攻として勉強してる学生は
ただ黙って当たり前であるかのように聞いてました。



そんな授業の中、先生のお話で気になったことがひとつ。
「韓国人は韓国人だから、安重根のことについてたくさん調べ、彼のことについては良く知っている。彼を英雄であるかのように考え、たくさん調べようとする。でも、伊藤博文に関してはこうやって勉強してみようと思わないと、ほとんど知らない。知らなかったことが多い。日本も同様。伊藤博文については詳しく知っていても、安重根は詳しくしらなでしょう?(私を見る)名前は忘れたが、ある在日同胞の中に両者について詳しくしっている人がいる。彼のように、二人のことを詳しく知っていて、中立的に考えることができる人はなかなかいない。韓国人は安重根のことをたくさん知っていて、伊藤博文を悪いやつだと思い、日本人は伊藤博文をすごい人だと思っていて安重根を、伊藤博文を殺した人とだけ認識してるだけなんだ。」 

完璧に覚えてたわけではないんですが、大方こんなことを言ってました。

私はここでふと、自分の伊藤博文に対するイメージについて考えてみました。
初めて伊藤博文を知ったのは小学校の高学年くらいだろう。
独立を目指してた韓国人に、伊藤が暗殺されたことも、その時ならっていた気がする。
詳しい詳しくないは別にして、何年も何年も同じことを勉強してきたわけだが、
私は21年とちょっと生きていて、伊藤博文をすごい人、偉大な人と思ったことが無い。
むしろ、幼心ながら「韓国を支配しようとした悪い人。こいつのせいで日本と韓国は中が悪いんだ」と思っていた時期もある。


でも、日本人として韓国併合を理解しようとするならば、
伊藤博文は現代日本にとってはなくてはならない人物だっただろうし、
併合自体も、日本を守るために必要なことで、
慣れない外国で初代統監を務めるなんて苦労も多かっただろうに、
韓国人に殺されてしまうなんて...
…と、思わなくもない。



日本人は、伊藤博文についてどう考えてるんだろう。
韓国について「外国のひとつ」と捉えているだけの小学生や中学生は
伊藤博文についてどう思ってたんだろう。
私と同じ授業を受けた友達は?
同じような教育を受けてきた同世代の人達は?


初めて、まともに韓国人の教育や考え方を耳にして
自分がすごく曖昧な存在であると再確認した。
考え過ぎだろうか。


ただ、小学生の時に韓国併合の話を聞いていらだった自分を思い出して
縁あって韓国に来て勉強することができて本当に良かったと思った。

先日、私の母と幼馴染、そして幼馴染のお母さんが韓国に遊びに来てくれました。
2泊3日で、行きたいところ食べたいところがたーくさんある!そんな予定でしたが。
今回はヒョンオンニのお母様(オモニ)にご協力いただいて、
2日目にソウルを案内してもらいました!

おかげさまで、2日目のコースは以下の通り超がつくほど充実したものになりました^^*

朝ご飯(ソルロンタン)→オモニと合流→東大門ショッピング→東大門の人気店でランチ→北村にある韓屋のカフェで休憩→景福宮の周りを散歩(大統領やその近辺の人がお仕事をする場所を見学)→仁寺洞でショッピング→オモニとお別れTT→東和免税店→ソウル駅のロッテマート→明洞で夕食

朝から夕方まで、オモニがあちこち連れて行ってくれて本当に楽しかったです!
まだまだ韓国語が未熟でオモニには心配かけたりしたかもしれないけど
感謝の気持ちでいっぱいです。
やっぱり何度も行って来てる人は違います!!!!



これは自分にも言えるなーと実感。
私、今となっては明洞には自信があります(・ω・)←
美味しい店、とまでは言えなくても、どこに何があるのかくらいは概ね把握しました←
それくらい(春川にいるくせに)ソウルで遊んでしまっているわけですが、
この時、それが本当に役に立ったなと思いました。

友達はお母さん達が「行きたい」と行ったところを案内できたり、ピンポイントで調べられたり。
自分の足で色んなところに行って、それをまた誰かに紹介・案内する。
言葉も地理にも強くなれる良い方法だと思いました。



韓国に留学する皆さん、ぜひ自分で色んなところに行ってみてください。
それで来た人にあちこち紹介してあげてください。
韓国に遊びに行きたいみなさん、韓国人の友達や留学生にあちこち案内してもらってください。
きっと面白いところを教えてくれたり、効率よくあちこち連れて行ってもらえるはずです。



春川に関しては私はまだまだ勉強中ですが、
美味しいお店は何件か覚えました←
遊ぶところが無いのが残念ですが、これから暖かくなったら観光地にあちこち行ってみたいです。
ソウルから離れた、春川に来たんだもん。
これって他の人ができないようなチャンスを持ってるってことだもんね。

追記は私が弟にもらった言葉について。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/18 van cleef arpels braccialetto fortunato buon]
[02/18 montre daytona rolex faux]
[02/18 pendentif van cleef and arpels réplique]
[02/18 imitation cartier gold bangle]
[02/18 bracelet van cleef et arpels faux]
[09/25 fake bvlgari mens ring]
[05/20 ぽち]
プロフィール
HN:
りあ
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1990/08/26
自己紹介:
□人文学部
□文化コミュニケーション学科
□日本文学専攻
バーコード
ブログ内検索

Designed by IORI
Photo by 有毒ユートピアン

忍者ブログ [PR]